無理なく高客単価へ! 新しいカテゴリーメニュー「フォルム」を創る!!

客単価2万円・3万円・5万円という高客単価・高収益を実現したサロンを近頃よく耳にしますが、簡単に言うと内訳はヘアケア重視の時代に合わせた「トリートメント」を利用したものです。パーマが、カラーが、カットが高料金ということではありません。

簡単すぎる説明で不十分ではありますが、トリートメントを加えて、料金を1本化したパーマ・カラー・縮毛矯正。トリートメント(ヘアエステ)をベースにしたメニュー展開などを行い、それに伴って仕組みを作る・空間設計(設備・雰囲気づくり)・経営改善などを行って成功したサロン。いずれのサロンさんもケアケア重視でトリートメントを活用しています。(トリートメントと言うと今迄のイメージから考えると大差なく思われるので、ヘアエステという名称に変えたり)大変苦労・努力されて成功したはずです。努力なしで成功はあり得ないですから。

現実にこれからの美容師不足・お客様の高齢化に伴う(人口減少)客数減少・美容室の増加などは避けて通れない深刻な問題ですから、それに合わせた対策をしていかないといけないことは百も皆さんが知っています。しかし、一般的な美容室に於いては、資金面・スタッフ不足・経営者の高齢化などから現実的に出来ることは限られており、限界があります。また、そう思って諦めている美容師さんも多いことも事実です。また、社会保険加入問題・待遇・勤務時間厳粛化・最低賃金の上昇もあり、時代に見合った利益の追求が必要になることは必須です。その為に高単価の展開が必要となってくることも必然的なことかと思います。しかし、昨今の美容業界の状況では、巨額の設備投資などは余程の覚悟がない限りできないのも事実です。

費用を掛けないで「高単価」「高収益」を目指す一つの方法として、弊社がご提案しているのは「フォルム」という新カテゴリーメニューを創ることです。

パーマ・カラー・カット・トリートメント・縮毛矯正などと同様なものとして「フォルム」というカテゴリーを創るのです。

パーマ・カラー・フォルム・カット・トリートメント・縮毛矯正・デジタルパーマなどといった具合です。

※フォルム(forme)とはフランス語で形、形状を意味する。立体的な形状をさす場合が多く、特にファッションではシルエットと似た意味で使用されることが多い

パーマでもない、ストレートパーマでもない、メニュー。それはなんじゃい?  とおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、昨今の中高齢者の場合、「パーマをかけると痛むから」「ストレートパーマでは、ボリュームがなくなるから」とおっしゃる方も少なくありません。トリートメントを使って創る「フォルム」。「ボリュームもなくならない」「朝のお手入れは簡単」「もちろんトリートメントだから傷まない→きれいな髪にする」「しかもトリートメントで1ヶ月から2ヶ月の持続力・ホームケア使用なら2ヶ月~3ヶ月持続」をカテゴリー化するのです。

売りは「10年若返る美しい後ろ姿」

中高年の方は、白髪染め・カットが中心であり、以前のように「パーマ」をしている方は本当に減りました。その理由は、上記に記載した通りですが、美容室側にしてみれば深刻問題です。

そこで「「10年若返る美しい後ろ姿」をトリートメントで作ります」メニュー = フォルム 

施術前                                施術後

施術前                                施術後

ストレートパーマでは、ダメ!  (化粧品登録品だからとかダメです!)。

本当のトリートメントで施術、しかも持続力1~2ヶ月は必須(専用ホームケア使用で2~3ヶ月持続)・ツルツル・ツヤ・手触り感が保てます。

自店(借り物写真はお薦めしません・自店で簡単に撮れます)で撮った施術写真をPOPにして、ご紹介すると多くの方が施術されます。= それは、中高齢者ニーズが高いからで、カットのみのお客様におススメ!

どんなサロン様にも効果は高いですが、特にカット比が高いサロン様・中高年のお客様が多いサロン様には、最適・最強のメニュー!!

それが、

来店する全てのお客様がパーマ施術のお客様になったら・・・・(客単価アップ)

Follow me!