美容室 売上が増える!酸性時短デジタルパーマ 施術時間1時間30分(カット込)

1日の施術可能数が大幅にアップ!それにより売上急増サロン多数!

パーマ2時間・縮毛矯正3時間・デジタルパーマ3時間という施術時間が一般的です。しかし、デジタルパーマを1時間30分で出来る様になれば2倍のお客様に対応できます。それによって集客さえ出来れば売上をもっと増やせます。
要するに、時間短縮によって処理人数が拡大する=美容室の売上が増えるということに繋がります。

美容室 注目のメニューとして2種類のマニュアルをご紹介いたします。
お客様にとっても早く出来る事は喜ばしいことで、さらに酸性で髪を傷めないとなれば魅力があります。
しかし、ホット系パーマ機によっては、温度が不正確なものがあるために設定温度を最初は低めに設定してテストしてから行って下さい。ウィッグなどを使用しテストをしてから行うことをオススメします。適切な毛髪診断を行い、前処理は確実にきちんと行って下さい。
また、毛先からではなくウェーブの欲しい中間から巻き始め、それから毛先を巻き込んで根元側を巻くロッドの巻き方がオススメです。(スパイラル)
そうすることで、毛先ロットの熱を多少抑える事ができます。
詳しくは是非お問い合わせください。

 ①酸性時短デジタルパーマ・・・株式会社ヌースフィット商品使用 
【全て酸性域の為、安全安心な施術】

ヌースフィット 酸性時短デジタルパーマ
使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

使用薬剤 通常は①→②→③とパワーアップ
①Fローション(スピエラ) ヌースフィット Fローション
②Fローション(スピエラ)2+GMTローション1
※GMTローション=GMTコンク 2:8 ヒモーローション
Fローションは単体
ヌースフィット Fローション ヌースフィット ヒモストGMTコンク ヌースフィット ヒモストローション
③Fローション(スピエラ)1+GMTローション1
※GMTローション=GMTコンク 2:8 ヒモーローション
Fローションは単体
~施術プロセス~ 1時間30分(カット込)
1.前処理 マルチPPT32とパワーLPD+で前処理
ヌースフィット マルチPPT32 ヌースフィット LPD
2.還元剤1液塗布 上の①~③から選択
3.つけ巻きでワインディング(ロット選択は1ダウン程度)
4.加温50℃~55℃ 目安10分(健康毛目安15分)
毛髪の状態に応じて温度設定をする
5.5分間のクーリング
6.スポイトを使って、できるだけ多くの水で中間水洗(1液を水洗)
7.2液処理 bR2液(ブロム酸)にR2+(10%~20%)をミックス
2度付け 15分放置(10分+5分)
ヌースフィット bR2 ヌースフィット R2
8.ロットアウト後よくすすいで、その後DDで酸化促進と残臭処理 ヌースフィット DD
9.アルガノミクスをスプレーし仕上げ ヌースフィット アルガノミクス

詳しくは是非お問い合わせください。
ヌースフィット 酸性時短デジタルパーマ
使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

 

 ②酸性時短デジタルパーマ・・・株式会社パイモア商品使用 
【全て酸性域の為、安全安心な施術】

パイモア 酸性時短デジタルパーマ
使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

薬剤配合比・設定温度・放置時間
①基本使用比率(希釈剤がL-0ローションになります)
G44エッセンス 1:1 R33エッセンス

※標準使用希釈率 → 少し弱め
G44エッセンス 1:10 L-0ローション チオ換算4%
R33エッセンス 1:10 L-0ローション チオ換算3%
この場合のチオ換算
GMTチオ換算4%×1+スピエラ3%×1なので
合計チオ換算3.5%
設定温度:50~55℃ 毛髪の状態に応じて温度設定をする
放置時間:10分
グラッツ G44
グラッツ R33
グラッツ L-0
②配合比を上げて普通の薬剤設定
(希釈剤がL-0ローションになります)
G44エッセンス 1:2 R33エッセンス

※希釈率
G44エッセンス 1:7 L-0ローション チオ換算5.5%
R33エッセンス 1:9 L-0ローション チオ換算3.3%
この場合のチオ換算
GMTチオ換算5.5%×1+スピエラ3.3%×2なので
合計チオ換算4.03%
設定温度:50~55℃ 毛髪の状態に応じて温度設定をする
放置時間:10分
③配合比を上げてほんの少し強く薬剤設定
(希釈剤がL-0ローションになります)
G44エッセンス 1:2 R33エッセンス

※希釈率
G44エッセンス 1:7 L-0ローション チオ換算5.5%
R33エッセンス 1:8 L-0ローション チオ換算3.67%
この場合のチオ換算
GMTチオ換算5.5%×1+スピエラ3.67%×2なので
合計チオ換算4.28%
設定温度:50~55℃ 毛髪の状態に応じて温度設定をする
放置時間:10分
~施術プロセス~ 1時間30分(カット込)
1.カウンセリング/プレシャンプー
2.混合1液の調整  上の①~③から選択
グラッツ G44 グラッツ R33 グラッツ L-0
3.使用するデジタルロッドにロッドキャップをセット
4.混合1液塗布
パーマをかけたい部分にのみ塗布
5.熱保護・液だれ防止の為パネルを2枚ペーパーで挟み、パイモアミストでしっかりウェットにし、ワインディング
6.サイドは23mmロッド使用
7.バックは23mmと20mm使用
8.デジタルロッドにリッジクリップ又はロッドパッドをはめる
9.ロッドキャップを外し、デジタルコードをつなぐ
設定温度:50~55℃
毛髪の状態に応じて温度設定をする
10.デジタル放置タイム 10分
11.1.2本外してテストカール
12.デオマスク(10倍希釈)を付ける
※ロッドが熱い場合、クーリング2~3分おく
グラッツ デオマスク
13.NO2ローションを5分+10分の2℃づけする グラッツ NO2ローション
14.デオマスクで抑臭し、プレーンリンスする グラッツ デオマスク

詳しくは是非お問い合わせください。

パイモア 酸性時短デジタルパーマ
使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

パイモア 時短デジタルパーマ

Follow me!