美容室 売上が増える!酸性時短デジタルパーマ 施術時間1時間30分(カット込)

1日の施術可能数が大幅にアップ!それにより売上急増サロン多数!

パーマ2時間・縮毛矯正3時間・デジタルパーマ3時間という施術時間が一般的です。しかし、デジタルパーマを1時間30分で出来る様になれば2倍のお客様に対応できます。それによって集客さえ出来れば売上をもっと増やせます。
要するに、時間短縮によって処理人数が拡大する=美容室の売上が増えるということに繋がります。

美容室 注目のメニューとして2種類のマニュアルをご紹介いたします。
お客様にとっても早く出来る事は喜ばしいことで、さらに酸性で髪を傷めないとなれば魅力があります。
しかし、ホット系パーマ機によっては、温度が不正確なものがあるために設定温度を最初は低めに設定してテストしてから行って下さい2~3名程度施術されると理解されるかと思いますが、毛髪診断によって結果が大きく異なりますので、自己判断・自己責任において施術を行って下さい。また、前処理は確実にきちんと行って下さい。
また、毛先からではなくウェーブの欲しい中間から巻き始め、それから毛先を巻き込んで根元側を巻くロッドの巻き方がオススメです。(スパイラル)
そうすることで、毛先ロットの熱を多少抑える事ができます。
詳しくは是非お問い合わせください。

 ①酸性時短デジタルパーマ
  ・・・株式会社ヌースフィット商品使用 

ヌースフィット 酸性時短デジタルパーマ
使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

髪の状態に合わせて選択して下さい。
注:塗布量が少ないと髪が乾いてしまい、熱の伝道が強くなり薬剤の還元力が増しますので、多めの量の薬を塗布し、濡れている状態を保って下さい。ドライの状況では、髪を傷める原因となります。
(特に毛先の乾燥は絶対にさせない様にして下さい)
注:通常は②でテストを行い検証してみてください。そのうえで状況に応じて、加温40℃~50℃、放置タイム10分~15分の範囲で決定して下さい。初期段階は加温40℃ 放置タイム10分を目安に行って下さい。


【髪の状態に合わせて選択】
※GMTの希釈率が通常と違いますのでご注意ください。
使用薬剤 通常は②
①→②→③→④とパワーアップ

ヌースフィット Fローション ヌースフィット ヒモストGMTコンク ヌースフィット ヒモストローション

Fローション
【PH】2.9 【チオ換算】3.0
ヒモストGMTコンク
【PH】6.2~6.8(2:8混合時)
【チオ換算】6(2:8混合時)
ヒモーローション6
【PH】8.8~9.2

①Fローション(スピエラ)10:GMTコンク1:ローション11
チオ換算2.75%

②Fローション(スピエラ)10:GMTコンク1:ローション9
チオ換算3.0%

③Fローション(スピエラ)10:GMTコンク1:ローション8
チオ換算3.17%

④Fローション(スピエラ)10:GMTコンク1:ローション7
チオ換算3.38%

※薬液と毛髪のマッチングが重要ですので、自己責任において事前にきちんと「ウイッグ」等で薬液と毛髪のテストを充分行ってから行ってください。薬剤の力×熱×毛髪状態の見極めが重要です。

 ~施術プロセス~1時間30分(カット込)

施術前の毛髪診断を的確に行ってください。

ヌースフィット マルチPPT32 ヌースフィット LPD

1.前処理
マルチPPT32を泡状(フォーム)で全体塗布
パワーLPD+で、毛先など損傷部分に塗布

2.還元剤1液塗布・・・上の①~④から選択

3.ワインディング(水を吹きかけながら)
パネルを2枚ペーパーで挟み、水分を加えウエット状態にしてワインディングしてください。

㊟塗布量が少ないと熱によって髪が乾いてしまい、その結果、熱の伝達が強くなり薬剤の還元力が増しますので、濡れている状態を保ってください。(特に毛先の乾燥は絶対に避けてください。)

= テクニカル備考 =
※参考 ワインディング方法・・・毛先に熱が行きにくくする為に毛束中間から巻いて、毛先を外に逃がすスパイラル的な方法でワインディングするのも効果的です。
※薬液塗布した毛髪を乾燥させていくことで、還元剤の濃度が上がり還元力が増してしまうことも予想されますので、濡れ具合のバランスを取って、加温するところが技術的に重要です。加温して、どうしても乾燥してしまいそうな時は、毛先に水分を補給することも必要です。

4.加温40℃ 目安10分(健康毛目安15分)
テストカール後、追加タイム検討
基本的温度は、40℃ですが、毛髪によって (40℃~50℃) の設定が必要な場合もあります

(加温40℃と50℃では、薬液の促進力がおおきく変わってきますので、ご注意ください)

5.5分間のクーリング

6.スポイトを使って、できるだけ多くの水で中間水洗(1液を水洗)
※不十分な時は、2液の浸透が悪くなることも考えられますので、中間水洗でしっかりと薬剤を流すことをお薦めします。

ヌースフィット bR2 ヌースフィット R2

7.2液処理 bR2液(ブロム酸)にR2+(10%~20%)をミックス
2度付け 15分放置(10分+5分)

ヌースフィット DD

8.ロットアウト後よくすすいで、その後DDで酸化促進と残臭処理

ヌースフィット アルガノミクス

9.アルガノミクスをスプレーし仕上げ

※デジタルパーマ機によって熱の設定が違いますのでご注意の上ご利用ください。温度が高い場合、温度設定「50℃3~5分」 「45℃ 5分~8分」 通常より少し短めに設定して、一度テストストカールを行って微調整してください。酸性時短デジタルパーマ施術は、ある程度の技術力を必要とする施術ですので、慎重に行ってください。

ヌースフィット 酸性時短デジタルパーマ

ヌースフィット 酸性時短デジタルパーマ

※薬液と毛髪のマッチングが重要ですので、自己責任において事前にきちんと「ウイッグ」等で薬液と毛髪のテストを充分行ってから行ってください。酸性還元剤だからといっても、熱を使用しますので、大雑把な薬液選択はダメージに繋がる原因となりますので、おやめください。薬剤の力×熱×毛髪状態の見極めが重要です。

 

詳しくは是非お問い合わせください。
ヌースフィット 酸性時短デジタルパーマ
使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

 

 ②酸性時短デジタルパーマ
  ・・・株式会社パイモア商品使用 

パイモア 酸性時短デジタルパーマ
使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

注:塗布量が少ないと髪が乾いてしまい、熱の伝道が強くなり薬剤の還元力が増しますので、多めの量の薬を塗布し、濡れている状態を保って下さい。ドライの状況では、髪を傷める原因となります。
(特に毛先の乾燥は絶対にさせない様にして下さい)
注:通常は②~③でテストを行い検証してみてください。そのうえで状況に応じて、加温40℃~50℃
放置タイム10分~15分の範囲で決定して下さい。初期段階は加温40℃ 放置タイム10分を目安に行って下さい。

※薬液と毛髪のマッチングが重要ですので、自己責任において事前にきちんと「ウイッグ」等で薬液と毛髪のテストを充分行ってから行ってください。薬剤の力×熱×毛髪状態の見極めが重要です。

【髪の状態に合わせて選択】
※GMTの希釈率が通常と違いますのでご注意ください。
使用薬剤 通常は②
①→②→③→④とパワーアップ

グラッツ G44 グラッツ R33 グラッツ L-0

①基本使用比率(希釈剤がL-0ローションになります)
G44 1:R33 1:L-0 26

チオ換算2.75%
GMT 1:1スピエラ
(G44・R33共に13:1比率希釈)
この場合のチオ換算
GMTチオ換算3.14%×1+スピエラチオ換算2.36%×1
 合計チオ換算 2.75%
この際の設定温度も(通常は40℃)
放置時間10分

②基本使用比率(希釈剤がL-0ローションになります)
G44 1:R33 1:L-0 23
チオ換算3.08%
GMT 1:1スピエラ
(G44・R33共に11.5:1比率希釈)
この場合のチオ換算
GMTチオ換算3.52%×1+スピエラチオ換算2.64%×1
 合計チオ換算 3.08%
この際の設定温度も(通常は40℃)
放置時間10分

③基本使用比率(希釈剤がL-0ローションになります)
G44 1:R33 1:L-0 22
チオ換算3.21%
GMT 1:1スピエラ
(G44・R33共に11:1比率希釈)
この場合のチオ換算
GMTチオ換算3.67%×1+スピエラチオ換算2.75.%×1
 合計チオ換算 3.21%
この際の設定温度も(通常は40℃)
放置時間10分

④基本使用比率(希釈剤がL-0ローションになります)
G44 1:R33 1:L-0 21
チオ換算3.35%
GMT 1:1スピエラ
(G44・R33共に10.5:1比率希釈)
この場合のチオ換算
GMTチオ換算3.83%×1+スピエラチオ換算2.87%×1
 合計チオ換算 3.35%
この際の設定温度も(通常は40℃)
放置時間10分

毛髪診断等でご判断ください。2~3名程度施術されると理解されるかと思いますが、あくまで自己判断でご判断ください。機械によって熱の伝達が違う場合がありますので、自店の機械を使用してテストしてください。

その為、通常は②でテストを行い、検証してみてください。初期段階は加温40℃放置タイム10分を目安に行ってください。その上で、状況に応じて、加温40℃~50℃ 放置タイム10分~15分の範囲で決定してください。 (加温40℃と50℃では、薬液の促進力がおおきく変わってきますので、ご注意ください)

もっとも注意が必要なのは、毛先の髪を乾かさないことです。(ドライの状況では、髪を傷める原因になります)

※デジタルパーマ機によって熱の設定が違いますのでご注意の上ご利用ください。温度が高い場合、温度設定「50℃3~5分」 「45℃ 5分~8分」 通常より少し短めに設定して、一度テストストカールを行って微調整してください。酸性時短デジタルパーマ施術は、ある程度の技術力を必要とする施術ですので、慎重に行ってください。

 ~施術プロセス~1時間30分(カット込)
施術前のカウンセリングを的確に行ってください。

ヌースフィット マルチPPT32 ヌースフィット LPD

1.前処理
マルチPPT32を泡状(フォーム)で全体塗布
パワーLPD+で、毛先など損傷部分に塗布

グラッツ G44 グラッツ R33 グラッツ L-0

2.還元剤1液塗布
上の①~④から選択

3.ワインディング(水を吹きかけながら)
パネルを2枚ペーパーで挟み、水分を加えウエット状態にしてワインディングしてください。

㊟塗布量が少ないと熱によって髪が乾いてしまい、その結果、熱の伝達が強くなり薬剤の還元力が増しますので、濡れている状態を保ってください。(特に毛先の乾燥は絶対に避けてください。)

= テクニカル備考 =
※参考 ワインディング方法・・・毛先に熱が行きにくくする為に毛束中間から巻いて、毛先を外に逃がすスパイラル的な方法でワインディングするのも効果的です。
※薬液塗布した毛髪を乾燥させていくことで、還元剤の濃度が上がり還元力が増してしまうことも予想されますので、濡れ具合のバランスを取って、加温するところが技術的に重要です。加温して、どうしても乾燥してしまいそうな時は、毛先に水分を補給することも必要です。

4.加温40℃ 目安10分(健康毛目安15分)
テストカール後、追加タイム検討
基本的温度は、40℃ですが、毛髪によって (40℃~50℃) の設定が必要な場合もあります

(加温40℃と50℃では、薬液の促進力がおおきく変わってきますので、ご注意ください)

5.5分間のクーリング

6.スポイトを使って、できるだけ多くの水で中間水洗(1液を水洗)
※不十分な時は、2液の浸透が悪くなることも考えられますので、中間水洗でしっかりと薬剤を流すことをお薦めします。

7.2液処理

グラッツ NO2ローション

グラッツNO2ローションにR2+(10%~20%)をミックス。
2度付け 15分放置(5分+10分)

グラッツ デオマスク

8.ロットアウト後、よくすすいで、その後デオマスクで酸化促進と残臭処理

ヌースフィット アルガノミクス

9.アルガノミクスをスプレーし仕上げ

※パイモアデジタルパーマ機をご利用の方は、機械使用方法に沿ってご利用ください。温度が少し高めなので、温度設定「ドライモード50℃3~5分」 「ソフトドライ45℃ 5分~8分」 通常より少し短めに設定

パイモア 酸性時短デジタルパーマ

パイモア 酸性時短デジタルパーマ

※薬液と毛髪のマッチングが重要ですので、自己責任において事前にきちんと「ウイッグ」等で薬液と毛髪のテストを充分行ってから行ってください。酸性還元剤だからといっても、熱を使用しますので、大雑把な薬液選択はダメージに繋がる原因となりますので、おやめください。薬剤の力×熱×毛髪状態の見極めが重要です。


パイモア 酸性時短デジタルパーマ詳しくは是非お問い合わせください。

使用商品サロン仕入 今すぐ購入ボタン

 

Follow me!