酸性デジタルパーマ 「スピエラ+GMT」極めて傷みが少ない・高質感・高仕上がり 

酸性デジタルパーマ「スピエラとGMT」のコラボ

極めて損傷が少なく、質感、ツヤ、仕上がり感が優れている

ヌースフィット Fジェル(スピエラ)+GMTが今迄のデジタルパーマの常識をくつがえす!

詳しい方には説明はいらないかと思いますが、比較的「スピエラとGMT」を知らない美容師さんは沢山いらっしゃいます。その方々の為に簡単説明させて頂きますが、もともとデジタルパーマに使う還元剤は、アルカリ剤を使用した還元剤で縮毛矯正に近い施術を行いますので、損傷が大きいのも事実です。それでもサロンではお客様のニーズが高い為に損傷覚悟でお客様に提供しているのが実態です。その悩みの部分を解消できるのが、「スピエラ+GMT」です。

「スピエラ+GMT」は酸性域なので、髪を膨潤させません。その為、髪にアルカリ膨潤による負担が極めて少なく、それに合わせて間充物質の流失も極めて少ないということから、髪に対して非常にやさしい還元剤です。

スピエラとGMTの特徴を簡単に説明すると

  • スピエラは、酸性域の還元剤ですが、質感・ツヤなどの向上も図ってくれます。
  • GMTは、質感的には向上させてくれませんが、チオに匹敵するウェーブ効率をもった酸性還元剤で、他の還元剤を圧倒する損傷が極めて少ない還元剤です。

ベテランの美容師さんならご存じだと思いますが、過去に酸性域の還元剤(特にチオ)を利用した髪にやさしいパーマ剤等が多数でましたが、髪の損傷は少ないのですが、かかりが悪くお客様のニーズに応えきれないことなどがありました。

しかし、Fジェル(スピエラ)+GMTは酸性域でも、アルカリ還元剤にウェーブ効率なども劣りません。特別な機械などを使用しなくとも、アルカリ還元剤と同等のウェーブを形成し、極めて損傷が少ない還元剤です。(膨潤での損傷はほぼありません)

欠点

  • 匂い
  • 用事調製型といって、スピエラも・GMTも使用する直前に調合する必要がある (作り置きが出来ない)

しかし、ヌースフィットのFジェル(スビエラ)に限っては用事調製がいらない為、時間短縮にもなり、とても使いやすい人気商材なのです。

何故、酸性域でも掛かりが良いのか!

その回答にFMCB理論を知ってほしいと思います。


フィブリル(F:ずらし)・マトリックス(M:ふくらまし)・膨潤コントロール(C)・ブリッジ(B:架橋)の四つの要素で髪を成形する理論。

ヌースフィットFMCB 理論

FMCB理論とは、2008年に株式会社ヌースフィットの亀ケ森統氏が命名した新しいパーマ理論です。
フィブリル(F:ずらし)・マトリックス(M:ふくらまし)・膨潤コントロール(C)・ブリッジ(B:架橋)の四つの要素で髪を成形する理論となります。
今や主力になりつつあるパーマ理論で、当社でもこの考え・理論に賛同し講習等を行っております。

サロンにおけるすべての技術で、ダメージを減らす事が可能になります!

従来のパーマ剤とFMCBの違い

①従来の薬剤は、1剤でマトリックス内のS-S結合を切り、毛髪を柔らかくして形をつけ2剤で固めます。
→毛髪を柔らかくすることで、毛髪が過剰に膨らみダメージが起きます。

②FMCBは、毛髪内のフィブリル間のS-S結合を中心に切り、フィブリルをずらして形をつけます。
→必要最小限に毛髪を膨らませるだけなので、毛髪を柔らかくせずダメージなくキレイにパーマがかかります。

FMCB理論解説

■FMCBのキーワード解説

*フィブリル…毛髪内にある毛髪の繊維状タンパク
*マトリックス…フィブリルの周りを取り囲む不定形タンパク
*F還元…フィブリル間のS-S結合を還元すること
*M還元…マトリックスのS-S結合を還元すること
*ずらし…F還元によってフィブリルを「ずらす」こと(フィブリルを「ずらす」ことでパーマはかかります)
*膨らまし…M還元によってマトリックスを「膨らます」こと
*均一還元…F還元(ずらし)とM還元(膨らまし)をバランスよく行うこと(理想的な1剤処理)

■図で解説 ~FMCBの「ずらし」と「膨らまし」とは!?~

 

「スピエラとGMT」のコラボ酸性デジタルパーマ

※使用するスピエラは、FジェルとヒモストSP  これはどちらを選択しても良いですが、Fジェルはジェルタイプ、ヒモストSPはクリームタイプ、GMTはクリームタイプ

※施術プロセスにある「還元テスト用コールドロットを2~3本まく」というのは、膨潤しない為分かりずらいからテスト用として使用する為です。

【 GMT×スビエラ施術 】

□ GMT×スピエラ お勧め技法 【ウエット加温】 

FジェルとヒモストSPのどちらを使うかによって<クリーム×クリーム/クリーム×ジェル>に分かれます。

一番お勧めの技法です。完全ドライにしないで終了します。低温(70℃)での施術が可能

還元時間・加温時間の短縮化・ウエーブ効率アップ

□ GMT×スピエラ 

FジェルとヒモストSPのどちらを使うかによって<クリーム×クリーム/クリーム×ジェル>に分かれます。

GMT×スピエラのノーマル技法。 完全ドライにして終了します。

 

ヌースフィット 酸性デジタルパーマ(FMCB&スピエラ×GMT)
使用薬剤サロン仕入 今すぐ購入ボタン

 

施術プロセスの全薬剤は、以下の通り

  • プレ処理剤 マルチPPT32
    【PH】6.5~7.0
    【AV】酸度0.5
  • プレ処理剤 パワーLPD+
    【PH】6.5~7.0
    【AV】酸度0.5
  • Fジェル(スピエラ)
    【PH】3.5
    【チオ換算】3.0
  • ヒモストSP (スピエラ)
    【PH】2.6~3.5
    【チオ換算】2.3~2.4
  • ヒモストGMTコンク
    【PH】6.2~6.8(2:8混合時)
    【チオ換算】6(2:8混合時)
  • GMTクリーム6(GMT希釈剤)
    【PH】8.8~9.2
  • bR2  専用2剤(ブロム酸)
  • R2+ (損傷毛の強化・リッチ感アップ添加剤)
    【PH】3.5~4.5
    【AV】酸度3
  • アルガノミクス (からみ抑制・ツヤ向上)

ヌースフィット 酸性デジタルパーマ(FMCB&スピエラ×GMT)
使用薬剤サロン仕入 今すぐ購入ボタン

FMCBによる縮毛矯正施術おすすめ参照サイト

Follow me!