ビューティベンダー株式会社,北海道,札幌,美容ディラー,美容室,材料卸,卸売,ヘアケア,スキンケア,ビバニーズ,コタ,パイモア,活里,記帳代行サービス,サロン経営コンサルタント,パーマ,カラー,美容室機材,海外製品,輸入販売,デジタルパーマ,デジタルフリー,美容サロン,タイ製品,タイ雑貨卸,アジアン雑貨
事業内容  製品情報  HOME  会社案内  お問合せ
ビューティベンダー株式会社,北海道,札幌,美容ディラー,美容室,材料卸,卸売,ヘアケア,スキンケア,ビバニーズ,コタ,パイモア,活里,記帳代行サービス,サロン経営コンサルタント,パーマ,カラー,美容室機材,海外製品,輸入販売,デジタルパーマ,デジタルフリー,美容サロン,タイ製品,タイ雑貨卸,アジアン雑貨 美容の専門知識  ビューティベンダー株式会社,北海道,札幌,美容ディラー,美容室,材料卸,卸売,ヘアケア,スキンケア,ビバニーズ,コタ,パイモア,活里,記帳代行サービス,サロン経営コンサルタント,パーマ,カラー,美容室機材,海外製品,輸入販売,デジタルパーマ,デジタルフリー,美容サロン,タイ製品,タイ雑貨卸,アジアン雑貨

システアミン

チオグリコール酸はアルカリ性の状態でないと、パーマがしっかりかかりませんが、システアミン塩酸塩は弱酸性でパーマがしっかりかかります。システアミン塩酸塩は毛髪を膨潤させないから、毛髪を傷めないのです。
毛髪を傷めなくてパーマがしっかりかかるのなら、理想的な薬だと思いますが、ところが恐いのがシステアミン塩酸塩のウェーブ剤を使っているうちに起こるアレルギーの問題、つまりかぶれの問題なのです。まず、システアミン塩酸塩を使い始めて一番初めに気が付くことは、手の皮膚のヌルヌル感です。このヌルヌル感は、流水でいくらすすいでも、なかなかとれません。それは手の皮膚がシステアミン塩酸塩で腐蝕されたから起こる現象なのです。だから弱酸性で毛髪が簡単に軟化し、又還元、つまりウェーブが出せるのです。そして次第にかぶれ易い皮膚になって行くのですシステアミンは分子量の小さな還元剤なので微小な隙間に入りやすいことで感作性が高く、元々は金属洗浄剤とかにも使われていた成分で、別名をβ-メルカプトエチルアミン塩酸塩といって、医薬・農薬の中間体・ゴム薬の原料です。システアミン自体は、生体の中で作られる成分の一つですから安全性については問題では無いのですが、塩酸がくっついたシステアミン塩酸塩となると強い還元剤になり、感作性が高いことで、一部の人にとっては、かぶれという副作用を伴うウェーブ剤になってしまうのです。

使用されている商品・・・パイモアパーマ剤

 
 
 
ビューティベンダー株式会社,北海道,札幌,美容ディラー,美容室,材料卸,卸売,ヘアケア,スキンケア,ビバニーズ,
コタ,パイモア,活里,記帳代行サービス,サロン経営コンサルタント,パーマ,カラー,美容室機材,海外製品,輸入販売,
デジタルパーマ,デジタルフリー,美容サロン,タイ製品,タイ雑貨卸,アジアン雑貨
HOME事業内容製品情報会社案内お問合せ
 
2010 BEAUTY-VENDER- CO.,LTD - All rights reserved. Produced by BEAUTY-VENDER CO.,LTD